• 2013/10/18
    平成25年度 リフレッシュ瀬戸内の実施結果について

    実施期間:平成25年6月〜8月
    実施箇所数:海岸226箇所 
    延べ参加人数:47,521人
    回収されたゴミの量:313.85t
    過去20年間の活動を通じ、延べ約177万人の参加をいただき、約17,337トンのゴミを回収するに至りました。ご協力ありがとうございました。引き続き、海ネットは瀬戸内地域の環境改善や魅力発信、防災対策の推進等に取り組んでいきます。

    ※プレス発表では313.29tとしておりましたが集計ミスがあり313.85tが正解です。

  • 2013/10/08
    「瀬戸内の魅力〜フォト&メッセージ」100選コンテスト作品募集!!(申込締切日:平成26年1月10日(金)まで)

    瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会にて後援しております「瀬戸内の魅力〜フォト&メッセージ」100選コンテストについて、ただいま作品を募集中です。
    ご興味のある方は下記アドレスにてご覧下さい。

    ○参照アドレス(瀬戸内みなとオアシスHP)
     → http://setouchi-oasis.com/

  • 2013/10/07
    「美しいみなとまちづくりシンポジウム」の開催について(シンポジウム開催日:11月28日(木)、申込締切日:10月31日(木)まで)

    このたび、瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会にて後援しております「美しいみなとまちづくりシンポジウム」が11月28日に開催されます。開催記念に伴い、「私が好きなウォーターフロントフォトコンテスト」の募集を行っております。
     ご興味のある方は下記アドレスにてご覧下さい。
    ○参照アドレス(一般社団法人ウォーターフロント協会HP) →  http://www.waterfront.or.jp/

  • 2013/09/02
    九州初!「第4回みなとオアシスSea級グルメ 全国大会 in OITA」が開催されました!

    みなとを核とした地域住民の交流促進や、観光の振興を通じた地域の 活性化支援を目的に全国に展開する「みなとオアシス」が、8月24日〜 25 日大分港 西大分地区 かんたん港園にて、全国の地元海産物・名産品 を用いた自慢の Sea 級グルメで競演しました。
    □来場者数:両日で約22,000千人
    □優勝:みなとオアシス宇野「たまの温玉めし」

  • 2013/07/16
    平成25年度 リフレッシュ瀬戸内の実施について

    「受け継ごう きれいで豊かな 瀬戸の海」をキャッチフレーズに瀬戸内海沿岸各地で「リフレッシュ瀬戸内」を実施します。
     多数の皆様方のご協力をお願いいたします。
     詳細は、添付ファイルをご覧いただき、各市町村担当課等にお問い合わせください。

    【主催】瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会
    【協力】特定非営利活動法人日本ビーチ文化振興協会

  • 2013/07/03
    瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会 平成25年度総会報告

    平成25年5月31日(金)兵庫県姫路市にて、瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会平成25年度総会を開催いたしました。総会には、瀬戸内海沿岸各地から21市町の首長と会員である各自治体及び地方整備局等の担当者約140名が参加して盛大に開催しました。
    第1部の総会では、平成24年度の事業・収支決算報告と今年度の事業計画・収支予算案、平成25〜26年度役員改選案等について審議を行い、第2部では、「瀬戸内をクルーズで世界の海へ!」と題してご講演をいただき、第3部の第7回瀬戸内海首長サミットでは、22市町の首長と大臣官房技術参事官及び地方整備局幹部が参加し、「瀬戸内・海の路の利用振興・防災ネットワーク機能の強化に向けて」をテーマとして、平時の利用振興や災害時の支援内容を実現するための協力体制等について議論を行いました。

  • 2013/06/12
    「瀬戸内・海の路ネットワーク災害時相互応援に関する協定」が日本港湾協会企画賞を受賞しました。

    平成25年5月22日に福井県敦賀市にて開催された(社)日本港湾協会通常総会において、平成24年度に締結しました「瀬戸内・海の路ネットワーク災害時相互応援に関する協定」について、日本港湾協会企画賞を受賞いたしました。
    表彰式には、海ネットを代表して会長の入山欣郎大竹市長にご参加いただき、(社)日本港湾協会の三村明夫会長から表彰状が授与されました。

  • 2013/05/27
    平成25年度海ネット総会、講演会、瀬戸内海首長サミットを開催します!

    協議会の平成25年度総会、講演会、第7回瀬戸内首長サミットを開催します。
    日時 平成25年5月31日
    場所 姫路市 姫路キャッスルグランヴィリオホテル

  • 2012/12/03
    「マリーナ・ビジターバース情報」リニューアルについてPRチラシをアップしました

    2012/11/28より一元的提供を開始しました「マリーナ・ビジターバース情報」について、PRチラシを作成しましたので、ぜひご覧下さい。

  • 2012/12/01
    PR用簡易チラシをアップしました!!

    瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会の更なるPRを図るため簡易チラシを作成しましたので、どんどん掲示してPRして下さい。

  • 2012/11/28
    瀬戸内海における「ビジターバース情報」の一元的提供を開始しました 〜災害時の緊急輸送などへの活用も期待できます〜 【プレスリリース】

    今回、「防災ネットワーク機能の強化を視野に入れた瀬戸内・海の路の利用振興」への取り組みの一環として、瀬戸内海に所在するマリーナのビジターバース情報の利便性の向上に向け、ウエブサイトを大幅にリニューアルし、本日より「ビジターバース情報」の一元的提供を開始しました。

    これにより、利用者に対する利便性向上とともに、平時における観光振興への寄与、災害時における緊急輸送や医療支援などへの活用が期待されます。

    ぜひ、積極的にご活用下さい。

  • 2012/11/22
    【兵庫・和歌山・広島・香川ブロック】マリーナ・ビジターバース情報の更新

    瀬戸内を知るコンテンツ マリーナ・ビジターバース情報の【岡山・大阪・山口ブロック】を更新しました。

    ビジターバース情報は、マリーナ施設管理者等から現時点までにご提供頂いたデータを掲載しております。

  • 2012/11/01
    【岡山・大阪・山口ブロック】マリーナ・ビジターバース情報の更新

    瀬戸内を知るコンテンツ マリーナ・ビジターバース情報の【岡山・大阪・山口ブロック】を更新しました。

  • 2012/10/31
    【愛媛・徳島ブロック】マリーナ・ビジターバース情報の更新

    瀬戸内を知るコンテンツ マリーナ・ビジターバース情報の【愛媛・徳島ブロック】を更新しました。

    他のブロックについても今後随時更新していきます。

  • 2012/10/26
    平成24年度 担当者会の報告

    平成24年10月16日、徳島県小松島市において担当者会を開催いたしましたので報告いたします。

  • 2012/10/16
    【福岡・大分ブロック】マリーナ・ビジターバース情報の更新

    瀬戸内を知るコンテンツ マリーナ・ビジターバース情報の【福岡・大分ブロック】を更新しました。

    他のブロックについても今後随時更新していきます。

  • 2012/09/24
    平成24年度 リフレッシュ瀬戸内の結果報告について

    実施期間:平成24年6月〜8月
    実施箇所数:海岸309箇所 
    延べ参加人数:48,667人
    回収されたゴミの量:407.8t
    過去20年間の活動を通じ、延べ約173万人の参加をいただき、約17,000トンのゴミを回収するに至りました。ご協力ありがとうございました。引き続き、海ネットは瀬戸内地域の環境改善や魅力発信、防災対策の推進等に取り組んでいきます。

  • 2012/09/04
    平成24年度 担当者会(小松島市)の開催について

    平成24年度 担当者会・協定運営協議会の開催について

    ■日時:平成24年10月16日〜17日 
     (16日14時〜・17日11時45分JR徳島駅解散予定)
    ■場所:徳島県小松島市保健センター(ミリカホール)
    ※海ネット協定の協定運営協議会は防災委員会とあわせて14時30分より行いますが、14時(担当者会)からの参加も可能です。

  • 2012/08/17
    リフレッシュ瀬戸内(岡山ブロック拠点)の報告

    7月15日(日)に岡山ブロックの拠点地である岡山県浅口市寄島町青佐海岸にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動を行いました。当日は、約200人の住民の方々がボランティアとして参加され、空き缶や砂浜への漂着物等のたくさんのゴミを回収しました。

  • 2012/07/31
    リフレッシュ瀬戸内(広島ブロック拠点)の報告

    7月1日(日)に広島ブロックの拠点地である広島県三原市長浜海岸にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動を行いました。当日は約300人の参加者が約2.4トンものゴミを回収し、参加者からは「海岸にゴミがない様綺麗にして欲しい」、「子供や孫のために自然の海をいつまでも綺麗に守っていかないといけない」といった声が寄せられました。また、清掃の様子は、地元ケーブルテレビにて放送されました。