• 2011/12/09
    「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会 設立20周年記念行事」の報告について

     「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会 設立20周年記念行事」が、平成23年11月18日広島県大竹市大竹会館アゼリアホールにて会員13市町長をはじめ、担当者、一般参加者等、約170名もの参加により盛大に開催されました。
     第1部では20周年記念講演として、井上欣三 神戸大学名誉教授から「海の路ネットワークを活用した災害対応力の強化に向けて」と題したご講演をいただき、特別講演として、湯?英彦 広島県知事から「地域活性化に向けた広島県の取組み 〜瀬戸内 海の道構想〜 」と題したご講演をいただきました。
     第2部「第5回瀬戸内海首長サミット」では、「第5回瀬戸内海首長サミット共同宣言 〜防災ネットワーク機能を視野に入れた瀬戸内・海の路の利用振興〜 」が決議されました。

  • 2011/11/28
    平成23年度担当者会の開催について

    平成23年12月1日、香川県小豆島町において担当者会を開催します。

     

  • 2011/11/22
    広島湾の魅力と課題を探るワークショップの開催について〜平清盛ゆかりの広島湾の保全・再生に向けて

    広島湾の美しい景観や歴史・文化などの豊かな資源を有効活用しながら、広島湾の環境を保全、再生していくため、宮島と呉において体験クルーズとワークショップを開催いたします。※参加費は無料
    ■呉会場:平成23年12月11日と平成24年1月29日
    ■宮島会場:平成23年12月18日と平成24年1月22日 

  • 2011/11/08
    「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会」設立20周年記念行事の開催について

     「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会」設立20周年記念行事が、次のとおり開催されます。
     
     ■日時 平成23年11月18日(金)
         14:00 〜 17:00
     ■場所 大竹会館アゼリアホール
        (広島県大竹市本町1丁目9−3)  

  • 2011/07/05
    平成23年度事業計画の決定

     設立20周年を迎える海ネットの事業計画等が全会一致で承認されました。
     今年度は、長年にわたる活動の蓄積を活かし、「海ネットサポーター」との連携によるより効率的な瀬戸内海の魅力発信と、東日本大震災の発生を受け、瀬戸内海の海の路を通じた防災ネットワークの強化について重点的に取組みます。

  • 2011/07/03
    中四国・瀬戸内クルージングサミット開催(愛媛県新居浜市)

    7月3日(日)に、新居浜市新居浜マリーナにおいて、中四国・瀬戸内クルージングサミットが開催され、約100名が参加しました。このサミットは、瀬戸内海を共通素材として交流拠点のマリ−ナを有する自治体が連携して地域振興を図ることを目的に、広島県福山市、岡山県瀬戸内市、愛媛県新居浜市、香川県高松市、三豊市の5市を会員として昨年三豊市で初めて開催されたものです。最初に、日本ビーチ文化振興協会 ビーチライフコーディネーターの徳野涼子氏による「中四国・瀬戸内発の新たなクルーズ文化の創造」と題した記念講演会が行われ、その後、5市長によるサミットが行われました。サミットでは各自治体の地域振興の取り組みのほか災害発生時の連携など幅広い意見交換がありました。最後に「中四国・瀬戸内発、海辺の文化の創造での海の路を再構築しよう!」とした共同宣言が採択されました。来年度は、広島県福山市で開催される予定です。

  • 2011/06/03
    平成23年度 リフレッシュ瀬戸内の実施について

     今年度も、「受け継ごう きれいで豊かな 瀬戸の海」をキャッチフレーズに瀬戸内海沿岸各地で「リフレッシュ瀬戸内」を実施します。
     多数の皆様方のご協力をお願いいたします。
     詳細は、添付ファイルをご覧いただき、各市町村担当課等にお問い合わせください。

    【主催】瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会
    【協力】特定非営利活動法人 日本ビーチ文化振興協会

  • 2011/05/19
    「瀬戸内海首長サミット」が日本港湾協会企画賞を受賞いたしました。

    平成23年5月18日に唐津市民会館大ホール(唐津市)で開催された(社)日本港湾協会通常総会において、平成19年度から毎年実施してきた「瀬戸内海首長サミット」が、日本港湾協会企画賞を受賞いたしました。
    表彰式には、海ネットを代表して副会長の広瀬憲発松茂町長(写真左)にご参加いただき、(社)日本港湾協会の三村明夫会長から表彰状が授与されました。

  • 2011/03/07
    海ネットのチラシができました。

    ホームページ『海の路』をより多くの人に知っていただきたいという思いから、この度チラシを作成しました。
    一生懸命、心を込めて作成しました!
    どうか、たくさんの方に見てもらえるような場所に掲示していたただきます様よろしくお願いします!!

  • 2011/02/18
    「豊かなウォーターフロントの形成」をテーマにした懸賞募集のお知らせ

    社団法人ウォーターフロント開発協会の20周年を記念しての「豊かなウォーターフロントの形成」をテーマにした懸賞募集についてお知らせいたします。内容としては募集テーマに関連した、魅力あるウォーターフロント空間の形成や活性化に向けた提案・意見に関する論文、構想、企画、取り組み(音楽・映像)などです。応募締切:5月31日(火)
    優秀作品には
    ○ 国土交通省港湾局長賞1点(賞状、副賞(20万円)
    ○ 社団法人ウォーターフロント開発協会会長賞1点(賞状、副賞(10万円)
    ○ 各協賛新聞社社長賞 各1点計5点(賞状、副賞(10万円)・港湾空港タイムス(都市計画通信社)、港湾新聞社、日刊建設工業新聞社、日刊建設通信新聞社、日本海事新聞社(50音順)
      ご不明な点につきましては社団法人ウォーターフロント開発協会にお問い合わせください   http://www.waterfront.or.jp

  • 2011/01/05
    海ネットホームページ情報UPのお願いについて

    リンク用バナーが大きくなりました。
    是非、ご利用下さい。

    新年あけましておめでとうございます。
    会員の皆様、冬休みはゆっくりできたでしょうか?
    2011年も事務局一堂、元気いっぱい頑張りますので、よろしくお願いいたします。
    ウサギがジャンプするように、海ネットHPのアクセス数が跳ね上がりますように☆★
    今月も、イベント情報につきましては、海に関すること以外の情報でも構いませんので、たくさんのトピック情報をお寄せ下さい。
    その他、瀬戸内・海の路ネットワーク地域全体の活性化に関する地域のイベントや、取り組み等ありましたら、情報をお待ちしております!!!
    また、先月より皆様へお願いしております・バナー・リンク設定につきましてもご協力の程よろしくお願いいたします。
    ◆食のブログ◆
    各会員様からの耳よりな情報お待ちしております。
    ○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○o。.。o○

  • 2010/12/28
    平成23年度中国地方地域づくり等助成事業の募集について

    (社)中国建設弘済会において、地域づくり等に取り組む意欲的なボランティア団体等を助成支援する「中国地域づくり等助成事業」について広く募集を行っておりますのでお知らせいたします。募集〆切は平成23年1月31日(必着)までです。
    詳しくは以下、ホームページをご覧下さい。

  • 2010/11/30
    平成22年度担当者会の報告

    平成22年11月24日、広島県呉市において担当者会を開催いたしましたので報告いたします。

  • 2010/10/09
    「瀬戸内海の復権」意見交換会(香川県小豆島)を開催しました。

    高度成長期以降、空路や新幹線・高速道路網などの高速交通体系のインフラ整備が進み、次第に海路の活用が見過ごされるようになる一方で、豊かな暮らしの実現や環境負荷の低減、大規模災害時の交通の確保など様々な側面から海路の重要性、有益性が再認識されつつあります。
    このような状況の中、「瀬戸内海の復権」を掲げ、これまで海を介して培われてきた歴史・自然・文化・産業など大切な宝物を次なる世代に引き継ぐとともに、瀬戸内海を活用した地域間交流施策や地域振興施策の推進を図ろうと、近畿地方、中四国、九州地方の瀬戸内海沿岸の19市、町の首長などが小豆島に集まり意見交換を行いました。
    意見交換会で各自治体等から様々な意見や取り組み紹介が行われた後、最後に「航路維持という共通課題を持つ地方自治体が県の枠を超えて互いに連携し、航路の維持・創設に向けた国への働きかけをはじめ、瀬戸内海を巡るクルーズの誘致など海を生かした観光振興、高速通信網を活用した離島のハンディキャップ克服に向けた取り組み、瀬戸内海の環境保全に向けた里海の創生など、瀬戸内海の魅力を高め、島々を結ぶ取り組みによって、一つのエリアとしてより一層の振興を図る」とした共同宣言を採択しました。

  • 2010/09/09
    リフレッシュ瀬戸内(小豆島町(全体拠点地))の報告

    8月21日、22日に、全体拠点地である小豆島町オリーブビーチにて、リフレッシュ瀬戸内の清掃活動を実施しました。猛烈な暑さの中、2日間で約300人の方が多くのゴミを回収しました。2日目には、清掃活動の後、ビーチバレー大会が開催されたこともあり、岡山や兵庫、広島県などから、ビーチバレー大会に参加した方々も清掃活動に参加されました。
    参加者からは、「予想以上に様々なゴミが落ちていて驚いた」「きれいな状態を保っていくため、活動を続けていきたい」「海の環境問題について考えるよい機会となった」等の声が寄せられ、リフレッシュ瀬戸内の活動の大切さが伝えられたのではないかと感じています。

  • 2010/08/27
    中四国・瀬戸内クルージングサミット開催(香川県三豊市)

    8月20日(金)、瀬戸内沿岸の公共マリーナを持つ広島県福山市、岡山県瀬戸内市、愛媛県新居浜市、香川県高松市、三豊市の5市長が集い「中四国・瀬戸内クルージングサミット」を三豊市仁尾マリーナで開催し、約150名が参加しました。
    中四国・瀬戸内クルージングサミットは、瀬戸内海という「面」の海の振興を考えるとともに、海の玄関を開きたいとの思いを持つ、5市で発足したネットワークです。
     サミットに先立ち、香川県観光協会長の梅原利之氏が「21世紀は基礎自治体の時代。瀬戸内海から地方の元気を発信する。」と題し記念講演が行われました。また、サミットでは梅原会長をコーディネーターに、5市長による公開討論会を開催、各市長から地元の歴史や文化、産業などを紹介した後、意見を交換し、瀬戸内海を中心として5市のネットワークにより、海や島々の史跡や文化を生かしながら、更なる地域の活性化や発展に結び付けていくことを宣言しました。
     今後、サミットは年1回開催していく予定で、来年は愛媛県新居浜市で行われます。

  • 2010/07/27
    広島湾クリーンアップ作戦(呉市大浦先海岸)を開催しました!

    7月3日(日)に呉市大浦崎海浜にて行われた、広島湾クリーンアップ作戦「リフレッシュ瀬戸内」についてご報告いたします。

  • 2010/07/09
    リフレッシュ瀬戸内(周防灘ブロック)の報告

    7月4日(日)に周防灘ブロックの拠点地である山口県光市虹ヶ浜海岸、室積海岸にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動を行いました。当日は、総勢約8,000人の住民の方々がボランティアとして参加され、空き缶や砂浜への漂着物等のたくさんのゴミを回収しました。

  • 2010/07/05
    リフレッシュ瀬戸内(広島ブロック拠点)の報告

    7月4日(日)に広島ブロックの拠点地である広島市広島みなと公園にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動が行われました。当日は約200人の参加者による清掃活動により、約1.4トンのごみが回収されました。また、海上ではNPO法人瀬戸内里海振興会主催、アサヒビールさんの協賛により海底ゴミの回収作業が行われました。

  • 2010/06/29
    平成22年度 リフレッシュ瀬戸内の実施について

    「受け継ごう きれいで豊かな瀬戸の海」をキャッチフレーズに今年も瀬戸内海沿岸各地で「リフレッシュ瀬戸内」を実施します。詳細は添付ファイルをご覧ください。
    6月18日:詳細情報を更新しました。
    6月29日:詳細情報を更新しました。