• 2015/07/20
    入山前会長(大竹市長)が中国地方整備局海事功労者表彰を受賞されました。

  • 2015/06/30
    防災対策推進活動支援事業の応募について

    防災対策推進活動支援事業につきましては、平成25年度に新たに創設された制度であり、海ネット会員が連携し実施する海の路を通じた「防災訓練」を支援するものです。平成27年度においても「防災訓練」の支援事業について募集しますので、平成27年度に活動を実施した、又は予定されている会員様におかれましては、制度の活用について是非ご検討下さい。

  • 2015/06/24
    広島・江田島 船フェスタ

    平成27年5月17日、各港周辺や島嶼部のにぎわい創出と航路の活性化や地域の交流・発展を図ることを目的として、「港と航路の一体的なエリアの賑わい」をテーマにし、公共交通や観光に関連する企業・団体や行政関係者などが連携して、広島港及び江田島・三高港などで航路や島の魅力をPRするイベントを開催しました。

  • 2015/06/24
    「ロストラル」入港歓迎式典

    平成27年4月4日、開港以来初となる外国船籍クルーズ船「ロストラル」が中国・韓国・日本クルーズ(8泊9日)で岩国港へ入港しました。会場を一般開放し、市民にも気軽に港やクルーズ船に親しんでもらうことで、岩国港の魅力向上、ひいては瀬戸内海地域のさらなる振興・PRを図りました。

  • 2015/06/24
    「にっぽん丸」尾道糸崎港寄港歓迎行事

    平成27年4月5日、博多港を出発して春の八丈島と瀬戸内の桜をめぐるクルーズで、豪華客船の尾道糸崎港への寄港は平成25年5月(ふじ丸寄港)以来となりました。客船寄港に合わせ伝統芸能の披露や、臨時飲食店設置等でおもてなし、寄港地歓迎行事・送別行事を行いました。

  • 2015/06/23
    瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会 平成27年度総会報告

    平成27年5月22日(金)広島県福山市にて、瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会 平成27年度総会を開催しました。第1部の総会では、瀬戸内海沿岸各地から22市町の首長と、会員である各自治体及び地方整備局等の担当者約160名が参加し、平成26年度の事業・収支決算報告と平成27年度事業計画・収支予算案、役員改選案等について審議を行い、満場一致で承認されました。第2部では、「瀬戸内海の魅力発信によるクルーズ振興が地域を変える」と題して大阪大学大学院教授 赤井伸郎氏よりご講演をいただきました。第3部では、22市町の首長、来賓及び国土交通省関係者の参加により、第9回瀬戸内海首長サミットを行いました。
    具体的には、「クルーズ振興のための連携促進に向けて」をテーマとして、
      ○瀬戸内の多島美を活かした独自のクルーズ文化の確立
      ○瀬戸内の魅力の更なる発信
      ○クルーズ船寄港地における周辺の観光案内、特産品の販売やPR についての会員同士の連携方策
    などについて、活発な意見交換が行われました。

  • 2015/06/22
    第4回深日港フェスティバルが開催されます。

    平成27年6月28日(日)に大阪府岬町の深日港にて第4回深日港フェスティバルが開催されます。
    「よさこい」「淡路島三熊踊り」「物販」などが行われるステージイベント・展示ブースのほか、うずしお観光船「日本丸」でのミニクルーズなど海上イベントも充実した催しとなっています。是非お運びください。

  • 2015/06/11
    海ネット共助会員による防災訓練を実施

     「瀬戸内・海の路ネットワーク災害時相互応援に関する協定」に基づき、締結会員(共助会員)の地域で災害が発生し、被災会員の要請により共助会員どおしの人的・物的の相互応援(災害支援)を実施することとしています。
     平成27年6月11日、協定の実効性の確保と向上を図るため、60締結会員の参加により、連絡体制の確立と迅速な応援が可能となるよう「情報伝達訓練」を実施しました。
     今後も、多様な連携が進むよう、更なる締結会員の拡大に努めていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。(防災委員会事務局)

  • 2015/06/08
    平成27年度 リフレッシュ瀬戸内の実施について

  • 2015/03/30
    岡山県の海ごみ対策に関するリーフレット

    岡山県が「美しい海を守るために〜海ごみをなくすために、私たちにできること〜」リーフレットを作成しました。
    海ごみに関する問題や、岡山県の取り組みなどを紹介しています。

  • 2015/03/27
    中四国・瀬戸内クルージングサミット

    平成26年10月3日、5市の自治体からなる「中四国・瀬戸内クルージングサミット」を開催しました。
    当日は、クルージング商品の造成に向け、観光で瀬戸内エリアを訪れる人が期待していることなどについての講演を聴いたのち、構成各市が海からならではの観光素材を発表しました。その後、「瀬戸内海国立公園」内の牛窓エリアを体験クルージングで巡り、地域における観光について知ることができました。

  • 2015/03/27
    アジア・クルーズ誘致用パンフレット等作成及びプロモーション活動

    アジア・クルーズを行っている船社及びアジア・クルーズを計画している船社を対象とした港PR用パンフレット(寄港地マップ)を作成。寄港地マップには、商業施設や観光施設情報、両替施設、岸壁から近いスーパーマーケット等の情報に加え、乗客員及び乗組員からの問い合わせが多い無料WiFiスポットの情報を掲載しました。

  • 2015/03/27
    ふくやま港まつり2014

    平成26年11月2日〜4日、会場となった福山港国際コンテナターミナルには多くの観客が来場し,福山港そのものを肌で感じていただくことができました。

  • 2015/03/27
    豊稔ひろしま和太鼓フェスティバル

    平成26年10月5日、広島港旅客ターミナル前の広島みなと公園にて、広島県の豊稔を祝って広島県内各地より全国で活躍する選りすぐりの和太鼓団体による和太鼓の競演が行われました。市民だけでなく観光客も集客することで地域振興に貢献するため、広島県内最大級の生産者直売型青空市場「ひろしまみなとマルシェ」を同時開催し、地元の海産物の販売などを通し、広島の食文化を発信しました。

  • 2015/03/27
    クルーズ船等寄港地歓迎イベント支援

    クルーズ船等寄港地歓迎イベントが行われました。
    ①「にっぽん丸」出港歓送行事・「ぱしふぃっくびいなす」入港歓迎行事
    ②「ザ・ワールド」寄港歓迎イベント
    ③客船「ぱしふぃっくびいなす」入出港歓迎行事
    ④「ロストラル」寄港歓迎イベント
    ⑤「飛鳥Ⅱ」寄港歓迎イベント
    ⑥「飛鳥Ⅱ」寄港歓迎イベント
    ⑦“飛鳥Ⅱ”出港イベント
    ⑧「ぱしふぃっくびいなす」寄港歓迎イベント
    ⑨客船「にっぽん丸」寄港歓迎式典
    ⑩「ロストラル」寄港歓迎イベント

  • 2015/03/27
    姫路港ふれあいフェスティバル(秋版)

    平成26年10月19日の秋版では更なる試みとして、中播磨地域活動交流メッセと同時開催しました。
    活動交流メッセは中播磨地域(姫路市、神河町、市川町、福崎町)における県民・団体の「活動の発信の場」であり、開催地を姫路港とすることで、普段みなとに関わることのない内陸部の方々にをみなとの魅力を紹介しました。

  • 2015/03/27
    UNOICHI 海が見える港のマルシェ

    平成26年10月26日、港のロケーションのありのままのよさや、港の新たな魅力を提案し、地域の活性化を図るため「UNOICHI 海が見える港のマルシェ」が開催されました。

  • 2015/03/27
    周南マルーチェ2014

    平成26年7月25日〜8月2日、昨年の周南市10周年記念事業として実施された「周南マルーチェ」の好評を受け、第2回目となる「周南マルーチェ2014」を開催しました。「夏の海と光のイベント」として、周南冬のツリー祭りで使用しているLEDを設置し、未活用である港の公園など施設を使った夏の新たな風物詩として定着させ、市民の憩いの場となる事を目的として実施されました。

  • 2015/01/29
    Google マップ のストリートビューで瀬戸内の魅力発信!

    瀬戸内海の魅力を広く発信するための取組の一環として、Googleが提供するトレッカーパートナープログラムを活用し、瀬戸内海汽船(株)及び四国フェリー(株)の全面的な協力により、風光明媚な瀬戸内海を往来する定期フェリーからの景観を撮影し、Googleマップのストリートビューでご覧いただけるようになりましたので、世界に誇れる瀬戸内の多島美を是非ご覧下さい。

  • 2014/10/20
    リフレッシュ瀬戸内実施結果について

    実施期間:平成26年6月〜8月
    実施箇所数:海岸256箇所
    延べ参加人数:46,809人
    回収されたゴミの量:305.88t
    過去22年間の活動を通じ、延べ約182万人の参加を頂き、17,642tのゴミを回収するに至りました。ご協力ありがとうございました。引き続き、海ネットは、瀬戸内海地域の環境改善や魅力発信、防災対策の推進等に取り組んでいきます。