瀬戸内海クルーズ推進会議とは

瀬戸内海クルーズ推進会議の目的

○我が国におけるクルーズが進展しつつある中、瀬戸内海や瀬戸内海を囲む諸港、諸地域において、瀬戸内海独自の魅力、特色を活かした独自のクルーズ振興を図り、瀬戸内海が世界的に知名度の高い「エーゲ海」や「カリブ海」等に並ぶブランド力の高いクルーズの海となることを目指す。

【瀬戸内海クルーズの定義】

 一般的なクルーズの概念にとらわれず、瀬戸内海の魅力、特色を活かした多様なクルーズサービス、体験機会を提供出来るよう、以下の特徴を有するクルーズ、観光体験の出来るものを「瀬戸内海クルーズ」と定義する。

1)瀬戸内海において、クルーズ船の大・小、外航・内航を問わず、カジュアルクラスからラグジュアリークラスまで、さらにその上のハイエンドな観光客層に対し、満足度の高い多様な観光周遊、観光体験の機会を提供する。
2)海域でのクルーズにとどまらず、瀬戸内海に浮かぶ諸島への上陸により観光体験の機会を提供する。
3)一般的なクルーズ船の定義にとらわれず、当該海域を航行する定期航路等の旅客船も瀬戸内海クルーズの構成要素ととらえ、オプショナルなクルーズ、観光体験の機会を提供する。
4)瀬戸内海を囲む諸地域においては、その寄港地を拠点に、瀬戸内海により育まれた歴史的・文化的魅力に富んだ多様な観光体験の機会を提供する。

瀬戸内海クルーズ推進会議の運営体制

[ 全体会議 ]

重要港湾以上の港湾管理者をかねる地方自治体、民間団体等、国の機関にて構成

[ エリア会議 ]

推進会議の構成員のうち、当該エリアに関係する構成員

../img/content/

瀬戸内海クルーズ推進会議

瀬戸内海クルーズ推進会議とは
瀬戸内海クルーズ推進会議とは
全体会議
第1回会議
中国エリア会議
第1回会議
四国エリア会議
第1回会議
九州エリア会議
第1回会議